子供にこういう暴力団関連の物を買って与えてる馬鹿は
この事を子供になんて説明するんだ・・・?  それとも隠すのか?



IMG_20210607_113820







小学生が知っておくべき、社会の知識




警視庁・警察によると

『暴力団と関係がある会社』を


『暴力団のフロント企業』


又は


『暴力団企業』と呼ぶそうだ。










YouTubeでも話題になっている

暴力団が生み出した賭博『てほんびき(花札の一種)』。

その『手本引き』を作り暴力団に売り基盤を築いた任天堂。


その事がYouTubeでも解説されている。




1889年から50年間、暴力団の犯罪に協力していた任天堂



1889年から50年間、暴力団の犯罪に協力していた任天堂



1889年から50年間、暴力団の犯罪に協力していた任天堂



1889年から50年間、暴力団の犯罪に協力していた任天堂


1889年から50年間、暴力団の犯罪に協力していた任天堂















『任天堂』と
『手本引き』の歴史について Wikipedia よりそのままコピー転載



『手本引き』の起源は意外と新しく、明治時代に入ってから、京都府愛宕郡吉田村140に一家を構える初代・会津の小鉄こと上坂仙吉(現・指定暴力団 「会津小鉄会」の初代組長)をはじめ、長谷川伊三郎(現・指定暴力団 「会津小鉄会」の初代若頭)や柿木松之助ら侠客(ヤクザ)たちによって考案された。当時勢力下にあった京都、大阪、神戸、奈良、大津、和歌山の賭場を中心に西日本の都市や温泉街へと伝播していった。それら関西一帯の賭場からの上納金は、1日平均550円(現在の価値で550万円以上)であったという。

明治13年(1880年)7月17日、日本で最初の西洋流の近代刑法が太政官布告第36号刑法(4編430条)として公布され、明治15年(1882年)1月1日から施行された。明治16年(1883年)4月16日、上坂仙吉は明治政府による博徒狩りで捕えられ、重禁固10ヵ月・罰金100円(現在の価値で100万円)の判決を受け服役した。翌年の明治17年(1884年)2月11日には満期保釈になるも、入獄中に身体を壊したことが原因で、明治18年(1885年)3月19日に歿している。享年53。

明治17年(1884年)1月4日、明治政府は新たに賭博犯処分規則を制定した。これにより賭場の捜索は昼夜問わず現行犯でなくとも取締ることが可能になり、博徒たちからは「大刈込」と恐れられた。同年の2月25日には清水次郎長こと山本長五郎が静岡江尻警察署(現・清水警察署)に逮捕され、3月7日には懲役7年・罰金400円(現在の価値で400万円)が言い渡され、翌年の明治18年(1885年)11月には過料納入につき釈放された。賭博犯処分規則は、弁護人なしの処分や上告を認めないなど、大日本帝国憲法との整合性に問題があったことから、明治22年(1889年)6月10日の法律第17号をもって廃止された。明治26年(1893年)6月12日、山本長五郎は病没。享年74。

明治18年(1885年)、西洋かるた(トランプ)の輸入販売が公認されると、翌年の明治19年(1886年)には花札やめくりかるたの製造販売が解禁となった。明治22年(1889年)9月23日、セメント販売業「灰孝本店」を営む山内房次郎は、京都市下京区正面通り大橋西入るに「山内房次郎商店(現・任天堂)」を創業して『手本引き』の製造販売を開始すると、京都周辺のヤクザが運営する賭場に売り込み会津小鉄会(現・指定暴力団『会津小鉄会』)から注文が入るようになった。明治35年(1902年)4月4日、明治政府は北清事変以後の財政難を理由に骨牌(こっぱい)税法(明治35年法律第44号)を制定すると、骨牌一組につき一律20銭(現在の価値で約620円)の収入印紙を製造業者に事前購入させ、商品に添付するよう義務付けた。

明治35年(1902年)6月、10代後半から大阪や京都の盆に出入りしてきた鳶梅吉は、会津小鉄会(現・指定暴力団『会津小鉄会』)の初代若頭・長谷川伊三郎に師事した後、実弟である阪口卯之助(阪卯)、鳶藤治郎、鳶亀吉らの協力を得て、29歳で酒梅組を結成すると、大阪市南区難波新地5丁目56(現・浪速区元町3丁目)にあった自宅まで賭場にしている。その勢力は直系乾分が140名、配下は総勢2000人ともいわれ、賭場は大いに繁盛した。昭和8年(1933年)6月11日に鳶梅吉は病没。享年59。

大正12年(1923年)9月1日に起きた関東大震災の頃になると、『手本引き』は東日本にまで波及しており、昭和5年(1930年)頃には全国的な流行を見せる。 第二次世界大戦に突入すると、客足が遠のき下火になった。戦時中の賭場は厳重な灯火管制と夜間爆撃を警戒して昼間に開帳されることが多かった。 終戦を迎えると、警察の要請に応じて治安維持に協力した組織はお目溢しで賭場が開けるようになり、復員兵や失業労働者たちが賭客として集まり、再び活況を呈すようになる。






賭場 [とば] = ヤクザが運営する違法賭博の集会場の事。

そもそも賭博が重犯罪のため、金の回収など
暴力を背景に持つヤクザにしか賭場を運営する事は出来ない。
賭場を一般人が運営する事は出来ない。
賭場の事を関西では 盆 [ぼん] と呼ぶ。
その賭場で使う「手本引き」を
ヤクザに製造販売していたのが社会のゴミ 任天堂 だ。
















週刊文春も書籍コーナーの中で 「任天堂の手本引き」 を載せている
https://bunshun.jp/articles/-/38957?page=5
https://bunshun.jp/articles/-/38956?page=4







動画でも解説されている通りどうやら任天堂は


この事を世間に隠そうとしているようだ。








ヤクザの賭博は、当時も現在も日本の法律の刑法186条により "重犯罪" だ。



任天堂というゴミ会社は、ヤクザの犯罪に協力していたという事だ。



任天堂という存在は『日本の恥』以外の何物でもない。




さっさと潰れろゴミ犯罪組織








ちなみに、普通の『花札』を作っている時点で裏社会系の組織だと分からなければならない。もともと普通の『花札』もヤクザの違法ギャンブルの道具として日本で普及した物だ。第二次世界大戦後、日本ではヤクザへの賭博の規制・取り締まりが一層強化されヤクザの賭博専用であった『手本引き』などはほぼ消滅、かろうじて普通の『花札』だけは玩具のような扱いの物になり細々と生き残ったが、戦前まではヤクザの違法賭博の道具として普及していた物だ。
『花札』を作っている時点で裏社会の組織だと判別出来る。




この創業200年の花札屋も公式ホームページでその事について語っている。
https://www.tengudo.jp/blog/flower-news/1733.html






指定暴力団『会津小鉄会』の本部と
任天堂の本社の距離は、歩いて30秒の距離だ。

IMG_20201217_125215










指定暴力団『会津小鉄会』の違法賭博の犯罪に任天堂が協力していた事は
「ヤクザ本」や「任天堂本」に何度も書かれてきている。
最近発売された「京都と闇社会」にもその事が書かれている。

IMG_20201217_133802










これら書籍やYouTubeの動画に対して
ゴミ会社・任天堂は沈黙し続けている。





何故、沈黙するのか?






暴力団の影をチラつかせ
犯罪に協力していた事への追及に暗に圧力を加えようとしている。








"暴力団企業の代表"そして“ヤクザの同族企業“として

日本中のヤクザ暴力団から応援されているのが 任天堂 だ。



 









交通事故を誘発させる ポケットモンスターGO とかいうゴミアプリ
で多数の死者が出た時にも

ゴミ会社 任天堂 「このアプリと自分達は全く関係が無い。」と

大ボラを吹いて逃げた。


ゴミ会社 任天堂 は権利管理の 「株式会社ポケットモンスター(株)」の株式30%を持っている大株主だ。作品の扱い方が不正であればそれを注意しなければならない立ち場に居る。



それでも任天堂は 「このアプリと自分達は全く関係が無い。」と

大ボラを吹いて何もせず逃げた。




人の命より金儲けが優先という、さすが生粋のヤクザ企業 任天堂 。

IMG_20210606_122348


















暴力団と関係がある事を知らずに子供に与えて遊ばせている奴も馬鹿だし
暴力団と関係がある事を知りながら触っているのも馬鹿だ。
どちらにしても任天堂の購入者には馬鹿しか居ない。





一般的に任天堂に金を払っている奴は『知的障害レベルの馬鹿』しか居ないと
言われているが、幼稚なゲームを売買しているからだけではなく、このような確固たる根拠が在ったようだ。













との事
任天堂とヤクザの関係とか
小泉純一郎とヤクザの関係とか
野田聖子とヤクザの関係とか
小室佳代とヤクザの関係とか
日本終わってるな